“注告”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ちゅうこく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“注告”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.4%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
しかるに現今我が国の状態たるや、人民皆不同等なる、専制の政体を厭忌えんきし、公平無私なる、立憲の政体を希望し、新紙上に掲載し、あるいは演説にあるいは政府に請願して、日々専制政治の不可にして、日本人民に適せざる事を注告ちゅうこく
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)