“治部少輔”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
じぶしょうゆう50.0%
ぢぶせういう50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
石田治部少輔三成が、上杉景勝と、東西から呼応して、家康を討とうと計ったことから、関ヶ原の乱は、急速にされていた。
何方トモナク迷ヒ行ケリ、(中略)其外治部少輔ガ息女ドモ多カリシガ、天下免許ヲ蒙リテ都ノ傍ニミケレドモ、人ノ情ハ世ニ有ル程昨日ニカハル習ナレバ、洛中ニカネテ西山辺ニ身ヲ
聞書抄:第二盲目物語 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)