“楊条”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ようじょう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“楊条”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
彼に玉子色の小袖を着せて、うす紅梅の児水干ちごすいかんをきせて、漢竹の楊条ようじょうを腰にささせたらば、あわれ何若丸とか名乗る山門のちごとして悪僧ばらが渇仰随喜かつごうずいきまとにもなりそうな美しく勇ましい児ぶりであった。
玉藻の前 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)