“桑原桑原”の読み方と例文
読み方割合
くわばらくわばら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「いえ、とんでもない! 桑原桑原……エエどこまで申しあげましたかしら。そうそう、御当家がその御造営奉行の光栄ある番におあたりになりましたる段、実もって慶賀至極、恐悦のことに存じまする。これが戦国の世ならば——」
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)