杏庵きようあん)” の例文
「主人が宵から氣むづかしくて、夜半過ぎまで店中の者も落付けない騷ぎでした。中氣には違ひありませんが、が昂ぶると、よくあんなことがあります。私は馬道の杏庵先生のところへ、二度も使ひに行つたくらゐで」