“きようあん”の漢字の書き方と例文
語句割合
杏庵100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「主人が宵から氣むづかしくて、夜半過ぎまで店中の者も落付けない騷ぎでした。中氣には違ひありませんが、が昂ぶると、よくあんなことがあります。私は馬道の杏庵先生のところへ、二度も使ひに行つたくらゐで」