“星灯”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ほしとう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“星灯”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
今宵は江戸名物の、青山百人町ひゃくにんちょう星灯ほしとうろう御上覧のため、将軍家が御寵愛ごちょうあいのお光の方共々お成りとあって、界隈かいわいはいつもの静けさにも似ず、人々の往き来ににぎわっていた。