“早筆”の読み方と例文
読み方割合
そうひつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これを同じ早筆の略画に見るも北斎のものは決して偶発的ならず、苦心熟練のにここに至れるが如き観あれども
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)