“早子”の読み方と例文
読み方割合
はやこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
早子と云ふのは顏は痩せてゐたけれども目をつたりすると印象の強い暗い蔭が漂つた。そうして口豆な女だつた。艶子と云ふのがゐた。顏の輪廓の貞奴に似た高貴な美しさを持つてゐた。
木乃伊の口紅 (旧字旧仮名) / 田村俊子(著)