“早婚”の読み方と例文
読み方割合
そうこん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
まして縁づいたのが十五のであるとすれば、いかに早婚の時代だとしても、恐らく母はそういう社界の汚れに染まる度も少く、まだ純真ならしさを失っていなかったであろう。
吉野葛 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)