“早半鐘”の読み方と例文
読み方割合
はやはんしょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一、右については、江戸場末まで早鐘行き届かざる場合もこれあるべく、万石以上の面々においては早半鐘相鳴らし申すべきこと。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)