“旧牛医”の読み方と例文
読み方割合
きうぎうい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
到処今昔の感に堪へぬのであつた。旧牛医は嘗て牛医とり認められたことがあつたのを謂ふ。此間江戸にある蘭軒は病のため引込保養をしてゐた。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)