“旧婢”の読み方と例文
読み方割合
きうひ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「十日。(十二月。)晴。夜半雨。長女里開き。碧山、文女、喜代女及三沢老母、其外貞白、洞谷、寛斎、吉田老母、お糸、旧婢たけ、卯三郎等来大飲。」「十五日。晴。内祝之赤飯配る。」
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)