“旧塾”の読み方と例文
読み方割合
きうじゆく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
玄関を上がつて右が旧塾と云つて、ここには平八郎が隠居する数年前から、その学風をつて寄宿したものがある。左は講堂で、読礼堂と云ふ匾額が懸けてある。
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)