“日華洋行”の読み方と例文
読み方割合
にっかようこう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
日華洋行の主人陳彩は、机に背広の両肘せて、火の消えた葉巻えたまま、今日もい商用書類に、繁忙な眼をしていた。
(新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
日華洋行の宿直室には、長椅子に寝ころんだ書記の今西が、余り明くない電燈の下に、新刊の雑誌をげていた。
(新字新仮名) / 芥川竜之介(著)