“日浄”の読み方と例文
読み方割合
にちじょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「知らんのか。甲州武田家の御人小幡入道日浄の末で——勘兵衛景憲。——大御所に拾い出され、今では秀忠公の軍学の師として、門戸を張っておる」
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
勘兵衛は元、武田家の家人で、甲州者の中でも武門の聞えの高い小幡入道日浄の流れである。
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)