“日本美術史”の読み方と例文
読み方割合
にほんびじゆつし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この敷衍して日本美術史劈頭にこれを高唱したものであるが今日においても、なほこのずるくないかとふ。
日本建築の発達と地震 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)