“日本昔噺”の読み方と例文
読み方割合
にほんむかしばなし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大森の海から帰った後、母はどこかへ行った帰りに「日本昔噺」の中にある「浦島太郎」を買って来てくれた。こう云うお伽噺を読んでうことの楽しみだったのは勿論である。
少年 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)