“日本旅”の読み方と例文
読み方割合
ヤマトタビ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一度は、緋桜の花の、熱帯性の濶葉の緑の木の間から、あはれに匂うてゐる様が見たいとは、思うたばかりで縁がない。其桜は日本旅の家づとに、昔誰かゞ持ち還つたものか。
若水の話 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)