“斯言”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
このげん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“斯言”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
応和以来世人好んで豊屋峻宇ほうおくしゅんうを起し、殆ど山節藻梲そうせつに至る、其費且つ巨千万、其住わずかに二三年、古人の造る者居らずと云える、誠なるかな斯言このげん、とあざけり、自分の暮歯に及んで小宅を起せるを、老蚕のまゆを成すが如しと笑い、其の住むこと幾時ぞや、と自ら笑って居る。
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)