“撥繰”の読み方と例文
読み方割合
はぐ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
最後に机の脇の本箱の横側にかけてあった丸善の『日めくり暦』に目をつけ、何思ったかそれを取りあげて熱心に撥繰っていましたが、やがて、「あった、あった」と叫びました。
髭の謎 (新字新仮名) / 小酒井不木(著)