“撞出”の読み方と例文
読み方割合
つきだ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何処からとも知れぬが、確かに二三箇所から一度に撞出される梵鐘の響は、長崎の町と入海とを丁度円形劇場のやうに円く囲む美しい丘陵に遮られて
海洋の旅 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)