“摺交”の読み方と例文
読み方割合
すれちが100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
摺交う舟の唄または岸の上なる見世物小屋の騒ぎにも打消されるほどなな声で、蜀山人が随筆『奴師労之』の終りに
散柳窓夕栄 (新字新仮名) / 永井荷風(著)