“摩合”の読み方と例文
読み方割合
すりあは100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ある日、自分が課業を終つて、あたふたとその学校の門を出て行くと、自分より先にその田舎の二人が丸で兄弟でもあるかの様に、肩と肩とを摩合せて、りに何事をか話しながら歩いて行く。
重右衛門の最後 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)