“摧飛”の読み方と例文
読み方割合
くだけと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
時に糸川老人の宿った夜はも樹木挫折れ、屋根摧飛ばんとする大風雨であった、宿の主とても老夫婦で、客とともに揺れ撓む柱を抱き、に板形の残った天井下の三畳ばかりに立籠った
遺稿:02 遺稿 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)