“摧心”の読み方と例文
読み方割合
さいしん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いくらかでも明るい方へ多勢を導こうとしたものの摧心と労力とは想像も及ばない。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)