“掻手”の読み方と例文
読み方割合
かいて100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
飛び出した城之介声もかけず、鮮やか鮮やか棒の手だ、「掻手」というやつ、払いあげた。ワッという悲鳴、ころがり落ちると、両手を上げて頭の鉢、かかえたまんまで動かない。
剣侠受難 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)