“接爾”の読み方と例文
読み方割合
せつじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
想世界の敗将気み心疲れて、何物をか得て満足を求めんとす、労力義務等は実世界の遊軍にして常に想世界をふ者、其他百般の事物彼に迫つて剣鎗相接爾す、彼を援くる者、彼を満足せしむる者
厭世詩家と女性 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)