“掛縁”の読み方と例文
読み方割合
かけえん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「その節、吉良は、高家筆頭の格式でお掛縁とやらまで出ますそうでございますが、兄上さまと立花様は、本座に——。」
元禄十三年 (新字新仮名) / 林不忘(著)
吉良上野介は、お掛縁に控えて、最後に、すべてのりはよいかと、あたりを見廻した。
元禄十三年 (新字新仮名) / 林不忘(著)