“捨役”の読み方と例文
読み方割合
すてやく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
勘亭流の細字で役割を記してあるのがかなり読みにくい上に、古来の習慣として“捨役”なるものが附け加えられている場合が往々ある。
明治劇談 ランプの下にて (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)