“捕縄供養”の読み方と例文
読み方割合
とりなわくよう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
やる! やる! 四、五年前の江漢ならば、きっとやる! だが、わしは、愛縄堂捕縄供養の時に、もう生涯、十手はとらんと、誓ってしまった。世を捨て、十手を捨てた人間。
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
この話が伝わると、誰が発起ともなく、養生所の新築披露目をかねて、一つ、希有大与力の隠退を記念する捕縄供養をやろうではないか——イヤ、やらせようではないか、とから騒ぎだした。
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
隠退した名与力塙江漢のために捕縄供養の催された十五夜の晩である。
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)