“捕縄十手”の読み方と例文
読み方割合
ほじょうじって100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それは俺も、自分が錆槍られるよりも辛く考えているのだが、捕縄十手は飽くまで正大公明でなければならぬ。いわば、神の裁罰に代って人間がお預りしているものだ。
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)