“捕捉殲滅”の読み方と例文
読み方割合
ほそくせんめつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
呉の周魴が初めから陸遜し合せていたことなので、呉はこの好餌を完全に捕捉殲滅し去るべく、くから圧倒的な兵力をもって包囲を作りつつあったのである。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そして私は別に五千騎を擁して、要害に埋伏し、搦手の山にある敵の伏兵が、虚に乗ってきたところを捕捉殲滅します。——もしその中に孔明でもいてくれれば、こちらの思うつぼです。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)