“挿言”の読み方と例文
読み方割合
エピソード100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
同一の戦いの三つの叫び、三つの挿言。——身をく誇り。克己的な忍受。そして精神の勝利。