“挙惜”の読み方と例文
読み方割合
ものごし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
髪……赤痣……声……挙惜……表情……丈恰好……前屈みの癖……何から何まで正真正銘のユアンの、瞳だけが私のめているうちに、段々と違う人間の眼になってきた。
陰獣トリステサ (新字新仮名) / 橘外男(著)