“指而”の読み方と例文
読み方割合
さして100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
兼而眩暈之気味に難儀致候得共、乗船御供被仰付候と申候者、格別之儀と奉存候間、中々御断之願者難申出黙止居候得共、先月末当月初両度之乗様しに、御医師中に指而難儀之者も無御坐候得共
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)