“指技”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ゆびわざ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“指技”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
いいえ、尼になれる私なら、いッそ、そうなったほうがましだけれど、とても私の性質では、尼寺へなぞは住めないし、といって、弦之丞様やお前さんの側を離れて、このまま江戸にまれていれば、いつかまたよりが戻って、くせの悪い指技ゆびわざの出来心が起こらないとも限らない……。
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)