“持店”の読み方と例文
読み方割合
もちだな100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
三間町の鍛冶屋富五郎、鍛冶富に頼まれて、奥州の御浪人和田宗右衛門とおっしゃる方を世話してこの三丁目の持店のひとつに寺子屋を開かせた。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)