“持己”の読み方と例文
読み方割合
おのれをじし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「恭倹持己、博愛及衆」の聖訓、「上求菩提。下化衆生」の仏願が、渾然たる自然人、ありのままの梅津只圓翁の風格となって、いつまでもいつまでも尊く、ありがたく
梅津只円翁伝 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)