“拾競”の読み方と例文
読み方割合
ひろひくら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その淵も瀬に移るところは浅くなつてその底は透きるやうな砂であるから、水遊する童幼は白い小石などを投げ入れて水中で目を明いてそれの拾競をしたりするのであつた。
念珠集 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)