“拳龍”の読み方と例文
読み方割合
けんりゅう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
宝村から追い立てられた其翌日の出来事であるが、昨日までの教員が、今日は青々と髪を剃った納所坊主と一変し、名も拳龍と改めたのは、有為転変の世の中とは云えを催させる。