“払戻”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はらいもどし100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“払戻”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
払戻はらいもどしの窓口へさし込んだ手へ、無造作にさつせられた時の快感は、はじめて想いをげた一代のはだよりもスリルがあり、その馬を教えてくれた作家にふと女心めいた頼もしさを感じながら、寺田はにわかにやみついて行った。
競馬 (新字新仮名) / 織田作之助(著)