“情緒:おもい” の例文
“情緒:おもい”を含む作品の著者(上位)作品数
三上於菟吉1
国木田独歩1
“情緒:おもい”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
会いくば幾度いくたびにてもあえる、又た逢える筈の情縁あらば如斯こんな哀しい情緒おもいは起らぬものである。
恋を恋する人 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
浪路の情緒おもいは、唆り立てられ、煽り立てられ、沸き立たせられる——彼女の全身は、いかなる炎よりも熱く燃えて、殆んど焼け死ぬかと思われるばかりだ。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)