“恪守”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かくしゅ75.0%
かくしゆ25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
宣告の際に物優しい判事は獄則を恪守して刑期のを過したなら仮出獄の恩典に浴することも出来るということを告げたということである。
姑と嫁について (新字新仮名) / 与謝野晶子(著)
日本の辺鄙福岡地方の能楽を率いて洋風滔々の激流に対抗し、毅然としてこの国粋芸術を恪守し、敬神敦厚の美風を支持したのは翁一人の功績であった。
梅津只円翁伝 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
一椀の食一滴の水も佛恩であるから、これを粗末にしてはならないといふ訓條を恪守して、それが今は習ひ性となつてゐるのであらうと思はれた。
湖光島影:琵琶湖めぐり (旧字旧仮名) / 近松秋江(著)