“恙無”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
つつがな75.0%
つゝがな25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“恙無”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
珊五郎はしばらく黙り込んで、青竹に縛られた娘の恙無つつがない顔と、左門と平次の敵意のない顔を見比べました。
あるひくだけて死ぬべかりしを、恙無つつがなきこそ天のたすけと、彼は数歩の内に宮を追ひしが、流にひたれるいはほわたりて、既に渦巻く滝津瀬たきつせ生憎あやにく! 花は散りかかるを、
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
珊五郎は暫らく默り込んで、青竹に縛られた娘の恙無つゝがない顏と、左門と平次の敵意のない顏を見比べました。