“思料”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しりょう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“思料”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
全く思料しりょうの外に抛擲ほうてきしてしまいます。
非人道的な講和条件 (新字新仮名) / 与謝野晶子(著)
但し、和歌宮先生なるものは、実は闇川吉人が自ら二役的存在として仮装せるものと信ずべき節あり、すなわちヤミカワ、キチンドなる名を逆に読めばワカミヤ、ドンチキにして、こは彼の小説家らしき仕業なりと思料しりょうす。
大脳手術 (新字新仮名) / 海野十三(著)