“微晴:すこしはる” の例文
“微晴:すこしはる”を含む作品の著者(上位)作品数
森鴎外1
“微晴:すこしはる”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「十二日。陰。午後微晴すこしはる。森氏御用相済近日帰藩可致旨被仰付。」
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
「十一日。微晴すこしはる。斎木氏青森行一宿。」
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)