“御陰”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
みほと75.0%
おかげ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“御陰”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 日本史 > 日本史3.5%
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 伝説・民話[昔話]3.3%
芸術・美術 > スポーツ・体育 > 戸外レクリエーション1.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
『古事記』には火之迦具土神ひのかぐつちのかみを生ますに御陰みほとかれて崩りましぬ。
このをお生みになつたためにイザナミの命は御陰みほとが燒かれて御病氣になりました。
これ畢竟ひっきょう神の片影なる穂高ちょう、理想的巨人の御陰おかげだろうとしみじみ感ぜられた。
穂高岳槍ヶ岳縦走記 (新字新仮名) / 鵜殿正雄(著)