“御垣”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
みかき83.3%
ミカキ16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“御垣”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
でも、大伴と言うお名は、御門みかど御垣みかきと、関係深いとなえだ、と承って居ります。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
風吹きてさむきみ冬を御垣みかきした浜防風の茎の真赤まあか
海阪 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
でも、大伴と言ふお名は、御門ミカド御垣ミカキと、関係深い称へだ、と承つて居ります。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)