“待賢門”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たいけんもん50.0%
たけもん50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“待賢門”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
大路を斜めに、狂奔する牛に付いて、八省門へ入るつもりだったが、そこまで迂回する間も待てず、待賢門たいけんもんが開いていたのを幸い、そこへ向って、逃げ入ろうとするらしかった。
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
たとへば、平安京へいあんけう大内裡だいないりの十二もんごときで、その二三をぐればミブもん、ヤマもん、タケもんは、美福門みぶもん陽明門やまもん待賢門たけもんかれて、つひにビフクもん、ヨーメイもん、タイケンもんとなつたやうなものである。
国語尊重 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)